【お役立ち情報】「子どもの成長・発達が気になる・・・」と思ったら、りんくステーションへお気軽に

0CB2CCA4-694B-41B9-A36F-39AA42F487FC
セリフ付 子育てのちょっとした不安や悩み、また障がいに関する相談が気軽にできるセンターです!
りんくステーション(子ども・障がい者相談支援センター)とは?
●子どもや子育てに関する相談窓口(子育て世代包括支援センター) ●障がいに関する相談窓口(障害者基幹相談支援センター)●発達障害に関する相談窓口(発達障害支援センター)をまとめた相談窓口です。「りんくステーション」には、相談者にとって、支援の輪をつなげる場所であるようにという思いが込められています。 相談に訪れる人にとっての方向性(目的地)を見出し、新たに一歩を踏み出せる「駅」でありたいと考えています。 (平成30年4月から「あかいわ発達障害支援センター」は「りんくステーション(子ども・障がい者相談支援センター)」へ統合されました)
何をしてくれるの?
  • 子育てに関するちょっとした不安や悩みの相談
  • 子育て支援関係施設の紹介
  • 障がい相談
  • 障がい者の困りごと相談
  • 福祉サービスの相談、紹介
  • 福祉サービス事業所の紹介
  • など ★障がいのあるなしに関わらず、ちょっとした子育ての悩み、障がいに関するさまざまな相談に応じます。
    どんな人が相談にいけるの?
  • 妊娠中の人
  • 18歳までの子どもと子育て家庭の人
  • 障がいのある人とその家族
  • お問い合わせ先
    りんくステーション(子ども・障がい者相談支援センター)(赤磐市役所 社会福祉事務所内)
    TEL:086-955-0555
    FAX:086-955-1118
    メール:ks_soudan@city.akaiwa.lg.jp 相談時間(8時30分~17時15分)※年末年始・土日祝は除く 20170911125900-0001
    Continue Reading

    ご存知ですか?あなたのまちの相談相手~民生委員・児童委員~

     

    5月12日は民生委員・児童委員の日です。
     民生委員・児童委員の存在や活動を皆さんに知っていただくため、昭和52年から毎年5月12日を「民生委員・児童委員の日」と定められたものです。

    市内にはどのくらいの人数いるの?
    市内には担当の区域を持つ「民生委員・児童委員」が113人、主に児童福祉に関することを担当する「主任児童委員」が9人います。民生委員・児童委員は厚生労働大臣から委嘱され、1期3年の任期で担当地区を持っています。
    担当地域でどんなことをしているの?
    委員は毎月の定例会や各種研修、地区・学校行事への参加、社会福祉協議会の行う友愛訪問への協力など、地域のつなぎ役としてさまざまな活動を行っています。困ったときはお気軽にご相談ください。
     ・子育て支援・・・地域の子どもと子育て家庭を地域全体で支えるために
     ・犯罪・被害・虐待の防止・・・地域住民の安心・安全を守るために
     ・相談・支援・・・障がい者や高齢者、その他困りごとを抱える地域住民のために
    自分の地域の委員はどなたかしら?
     
    市役所本庁、支所にお問い合わせください。
    お問い合わせ先
    山陽地域・・・本庁社会福祉課 086-955-1115
    赤坂地域・・・赤坂支所健康福祉課 086-957-4822
    熊山地域・・・熊山支所健康福祉課 086-995-1293
    吉井地域・・・吉井支所健康福祉課 086-954-1374
    Continue Reading