【お役立ち情報】あかいわミライFARM(参加レポ)

Oyakudachiboy
あかいわミライFARM
あかいわを耕そう!
〜SDGs×ワカモノ×わたしたちとSGDs〜
「誰一人取り残さない社会ってなんだ?」
akaiwamiraifarm
令和2年度赤磐市若者まちづくり推進事業へ参加してきました。
ここでどんな内容でどんなことが行われたのか、
あいにく、当日参加できなかった方へもぜひ学びの共有を📖。

当日会場には30名ほどの方の参加者さんが来られていました。
参加された方は、SGDsに興味のある方や子育て世代の主婦の方、市役所の若手職員さんや学生さんと色々な立場や職業の方が集まりました。

前半は講師の先生による、ちょっと難しいSDGsのお話📖で、後半は5、6人のチームごとに別れてのワークショップでした。
長丁場でしたが、自分の思っている意見をどんどん発言して、 とてもエネルギッシュで充実したグループワークでした😊

赤磐のことについて深い興味と詳しい知識を持った学生さんを見ていると、 これからの赤磐は明るい赤磐😊
あかいわ!いいわ!あかるいわ!!😊
そんな気がしましたが、参加された方はいかがだったでしょうか。

今回SGDsを通して、学んんだことをこれからの生活に生かしていく! そのためにどんなことを学んだのかというと、、、

「問題の捉え方(視座)」
※読み方(しざ)
が何より大事である!ということを学びました。
物をどう捉えるのか?捉え方次第でものごとが、 どんな方向へ進んでいくのかが変わってくるという事ですね。
赤磐市の現状に対しての問題点をどんどんあげていき、 それをどう捉え、 どのように解決していくのか。

最後に、自分にとって「住み続けられるまちづくりを!」とは、どんなことかを考えてみました。

・子育てを頑張る!
・赤磐へUターンする!
・赤磐を愛し、赤磐に住み続ける!

それぞれの立場で、いろんな宣言をしつつ、 閉会となりました。

これからの自分の行動に、
「スッキリとした目標と目的を持って」
行動すること!を心がけていきたいですね。

【まとめ】
自分が今日からする事は、①思考すること!②話すこと!③動くこと!
基礎能力のリーダーシップを持って進んでいきましょう!
ワークショップは引き続き来月にも開催が予定されています。
興味を持たれた方は、
赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ
もしくは、赤磐市役所 協働推進課までお問い合わせくださいませ。

次回はどんなワークショップになるか、今からワクワクですね😊


今回出てきたキーワード
※SDGs・・・誰ひとり取り残さないための、持続可能な開発目標。17の目標と169のターゲットが設定されている。
※視座・・・読み方(しざ)社会を見る視点、座標で、視座。ものの見方や捉え方。
第二次赤磐市総合計画(概要版)・・・将来の赤磐市の姿をイメージした冊子
※岡山県のSDGsの認知度はかなり高め。
※SDGsについて詳しく知りたいと思ったら、こちらがおすすめです → 電通 第3回「SDGsに関する生活者調査」のご紹介
次回予約はこちらから
https://www.facebook.com/events/1363991273805698/
akaiwamiraifarm
Continue Reading

【お役立ち情報】男女共同参画セミナー「ママ目線で行う被災地支援」(👶託児あり・要予約)

Oyakudachiboy
ママ目線で行う被災地支援セミナーチラシ2020
男女共同参画セミナー
「ママ目線で行う被災地支援」

〜私たちが身近にできる支援とは〜
地域で繋がるってどうやるの?
災害が起こる前に、今からできることとは?
「愛援力」ってなんだろう?
子育てママが、実際に災害に遭った時には何に困るの?
西日本豪雨災害。 真備町への支援活動を通じてわかったこと。
なかでも、被災した子育て世代に必要とされる支援などを、
当時の写真を交えながら振り返ります。
また、災害時に、地域で助け合いながらできる支援について、
子育て中のママ目線で語っていただきます。
講師
サンサポートオカヤマ   ボウズ 満恵 さん
平成30年西日本豪雨災害を機に、 被災地での親子支援を主軸とする団体 「サンサポートオカヤマ」を子育てママ友4人とともに設立。現在も真備地区を中心に復興支援活動を継続中。 12歳、10歳の2児の母。
地域の中で、子育て世代が緩やかにつながることで、 情報共有や助け合う関係性などがうまれることに着目。
昨年より防災講座、 子育て講座などでつながることの大切さと、 地域でつながる仕組みつくりの講座なども開催している。
日時
令和2年9月30日(水)
10:30〜12:00
場所
赤磐市立中央図書館 多目的ホール
定員
30名(先着順)
参加料
無料(託児も無料・要予約)
申し込み締切
9月23日(水)
主催
赤磐市
共催
赤磐市男女共同参画団体ネットワーク
問い合わせ・申し込み
赤磐市役所 協働推進課
HPからもお申し込みいただけます。
電話
086-955-1114 (8:30~ 17:15)
FAX
086-955-1353
Continue Reading

【お出かけ情報】今月の子育て支援センター情報

Odekakeneisan
【おでかけ情報】今月の子育て支援センター情報
今日はどこのセンターに行ってみる?


FD3BFD5D-19F2-4FE5-94BF-E60AD38A3262

山陽児童館子育て支援センター
月~土曜日
火・木・金・土は赤磐っ子デー
(月・水は市外の人も利用できます)
10:00~12:00・13:00~16:00(午前か午後どちらか利用)
◆山陽児童館までの行き先案内
あすなろ子育て支援センター
月曜日 11:00~14:00
火~金曜日 9:00~14:00 ※利用時間が変更になりました
◆あすなろ子育て支援センターは、当面の間、さくらんぼ保育園【ころぼっくるの部屋】に変更されています。
◆さくらんぼ保育園までの行き先案内
asunaro202009
さくらが丘子育て支援センター
月曜日 11:00~14:00
火曜日〜土曜日 9:00~14:00
◆さくらが丘子育て支援センターはさくらが丘保育園に併設されています。
◆さくらが丘保育園までの行き先案内
asunaro202009
子育て支援センターチャルラル
月〜金曜日
10:00~12:00、13:00~15:00
土曜日
9:00~13:00
チャルラルの利用について:赤磐市外の方の利用OK
東京・大阪・福岡への移動があった場合は、14日間利用をお控えください。
◆チャルラルは赤磐子どもNPOセンターに併設されています。
◆赤磐市子どもNPOセンターまでの行き先案内
今月のチャルラルカレンダー 「チャルラル便り」
charu202009
吉井子育て支援センター
月~金曜日
9:00~14:30
◆吉井子育て支援センターまでの行き先案内
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話⑥

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-6
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」世界保健機関(WHO)
⑥新型コロナウイルスについて話をする
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!
今回は最後、むっつめの新型コロナウイルスについて話をするです。
子どもがコロナのことをどれくらい理解しているのかを考えながら、
しっかりと話をすることが大事と言われています。
秘密にするのではなく、正直に伝えてあげることで子どもも安心して毎日を過ごせるといいですね
子どもが話やすい環境を作り、正直に話をすること
子どもが自由に話せるリラックスした空間を作りましょう。そして、子どもの質問には正直に答えましょう。リラックスできる空間で安心してお話できると、心が落ち着きますんね。
子どもの支えになること
子どもたちは恐怖におびえていたり、混乱している場合もあるかもしれません。
親はいつもそばにいるから大丈夫という安心感を与えてあげられるといいですね。
正解を知らなくても大丈夫
分からないことはあいまいに答えず、
「分からないけど、今それを理解しようとしている」ということを教えてあげると子どもも安心できますね。
子どもたちと一緒になってコロナについて考える機会に。
差別や偏見ではなく思いやりが大事
コロナ禍において一番子どもたちに伝えたいことは、差別や偏見ではないでしょうか。
具合が悪い人に国籍や言語の違いは関係ありません。
医療現場で一生懸命働いてくれている人々に感謝の気持ちを持つことを伝えたいですね。

コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」むっつめは新型コロナウイルスについて話をするでした。
今の状況を正しく受け止め、親子で何ができるかどうしたらいいかを話し合うきっかけとなればと願っています。
これまで6つのストーリーでお送りしてきました「親が心掛けるべき6カ条」のお話はいかがでしたでしょうか。
今日からできそうなことや、明日からやってみようと思った項目はありましたか。
世界中のみんなが差別なく平等に幸せに生きていけるといいですね。
まずは小さな単位で、親子から😊
こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話⑤

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-5
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」世界保健機関(WHO)
⑤焦らずにストレスマネジメント
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!
今回はいつつめのストレスマネジメントです。
日常生活においてもストレスマネジメントって難しいですよね。
このコロナ禍ではさらにストレスがたまりやすい状況になってはいませんか。
子どももサポートが大事ですが、親自身のケアも大切に。
ひとりぼっちではないということ
休憩をとりましょう
ひとやすみ♡ひとやすみ。ストレスが溜まった時や不安な気持ちになった時にはいつも何をしてストレス発散をしていますか?
好きなホットドリンクで和んでいますか。
ここではストレスが溜まっている時などに使える「一分間のリラクセーションアクティビティ」が紹介されています。
詳しくはこちらから
ぜひ、やってみてください。少しでも気持ちが落ち着きますように。
子どもの話を聞きましょう
子どもの話をしっかり聞くことが大切であり、子どもは親のサポートとあんしんを求めているようです。 子どもの考えをしっかりと受け止めて、励ましてあげることが大事なのだそう。 いつもの子育てもこうした方がいいのだろうが、、、なかなか難しいのが現実。 コロナを機に、親も色々な面で成長しなくては。

コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」いつつめは⑤ストレスマネジメントでした。
自分のことも子どものことも、どちらも同じくらい大切に😊
こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話④

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-4
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」
世界保健機関(WHO)
④子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!
今回はよっつめの④悪い子になった時は?です。
ステイホームや自粛で子どもたちもなかなか自由に過ごせていませんね。
そんな時はイライラして何か悪い行いをしてしまうこともなきにしもあらず。
まずは親が落ち着いてから、子どもと向き合うことが大事なんだとか。
ナイスな方向転換で子どものサインをキャッチ!
子どもがイライラし始めると、最後に何かやらかしてしまう、、、
その前に、「ゲームでもしよっか?」と気分転換を提案してみましょう。
悪い行いは、始まる前に止めることが大事だそうです。 そしてそして、
「親が心がけるべき6カ条のお話①」で出てきた「子どもと1対1の時間をつくる」がここでも役立ちそうです
やはり子どもは親にちゃんと見てもらっていること、
守ってもらっていることで安心するのですね。
愛は大事♡
10秒止まって、深呼吸
頭に血が上り始めたら、
叫びそうになるのをグッと堪えて、10秒キープです。
よくできました🏅
キープできたら、次は深呼吸を5回。
よくできました🏅
カッとなると、10秒止まることすらムズカシイ!!ですが、
これを機に挑戦してみてください😊
約束、責任、結果、リトライ。
TRY&errorで子どもも大人も成長?
約束を破ると、どんなことが起こるのかをきちんと伝えることが大事であり
自分がしたことへの責任を自覚してもらうために、
子どもがもたらしてしまった結果の期間が終われば、
また挽回のチャンスを与えてあげましょう。
そして、それができたらしっかりと褒める
やってしまったことをどのように反省して、
どのように次に活かすのかを落ち着いて順序立てて
話すことが大切だとわかっていながら、
面倒くさくて、ついついスルーしまうことはありませんか?(ギクッ)
これからは、このコロナを機に
お互いに正面から向き合って話し合えるといいなと思います。
親ができないことは子どももできない😬
現実味がある約束をすることが何より大切!
というのは分かってはいるけれど、、、
つい意地を張り合ってイライラしてますね。
反省🙇‍♀️

コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」よっつめは、
「④子どもが“悪い子”になった時には」でした。
しっかり向き合い、しっかり褒める。
これが良い行いにつながりそうです😊
スムーズにできたらいいですよね〜


こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、
ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話③

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-3
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」
世界保健機関(WHO)
③新しいルーティンをつくる
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!

今回はみっつめの③新しいルーティンをつくるです。
「ルーティン」とは決まった時にやる一連の作業という意味ですが、
コロナ 禍での新しいルーティンは、何にしましょうか?ステイホームが続き、
意外と家の中でもできる楽しいことをたくさん見つけた子どもたちも多いのではないでしょうか。
メリハリのある日課表で快適に
自分たち親のためにも子どものためにも、「しっかりやる時」「自由に過ごす時」を
きっちりと決めて動くようにすると、結果的に子どもたちは、
安心してより良い行動にうつすことができるようになるそうです。
いい方向へ向いてくれるのなら、やってみる価値アリですね😊
メリハリのある日課表!をさっそく作ってみましょう。
日課表作りは親子共同作業がおすすめ
学校の時間割のような日課表を作ってみては?
子どもの意見や親の意見を盛り込んで、親子で一緒に作りあげた日課表だと愛着がわきますね。
毎朝確認しながら進めてくれると嬉しいものです。
自分が作った日課表なら守りやすい?!
日課表には「運動」の時間も忘れずに
日課表には、運動をする時間を確保してストレスを発散する時間にあてるといいようです。
親子で一緒にスポーツをする時間や、一緒に料理を作る時間があってもいいかもしれませんね。
子どもは意外と料理にハマるかも!?
「運動」の時にもソーシャルディスタンスを忘れずに
外でお散歩をする時にも、外で遊ぶ時にもソーシャルディスタンス
がとても大事であることを子どもに伝えましょう。
少し難しい話になりますが、
「この距離があるから安全なのよ、守ってくれるのよ」
ということをわかりやすく伝えられるとイイですね。
子どもたちも色々なアイデアを提案してくれます💡
さすが、ひらめきの達人!です。
「手洗い・消毒」を楽しくできる方法を見つける
20秒間位の歌を歌いながら手を洗うのがおすすめ。よくできたら褒める!
つい顔に手を持っていってしまいがちですが、
「今日は何回顔を触ったか対決!」なんてやってみるのもイイかもです。
触った回数が少なかった人は褒めてあげましょう!
🎥手洗い動画(牛乳石鹸)
✔︎手洗い検定(牛乳石鹸)

コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」みっつめは、「③新しいルーティンをつくる」でした。
さっそく紙とペンを用意して作ってみよう😊
今日の良かったことや楽しかったことを親子で話してみるのもイイですね😊
親子共々今日も一日よくがんばりました🏅


こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話②

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-2
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」②肯定的でいましょう  世界保健機関(WHO)
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!

今回はふたつめの②肯定的でいましょう・・・親が前向きに物事をきちんと伝える を深読みしてみましょう! わかっちゃいるけれど、、、というのがこのふたつ目。
つい言ってしまう「やめなさい」
冷静になって、褒めてあげるといいのは分かっています。
ただ、冷静になるのがとても難しいのですよね。
して欲しい行動を言葉にする
「○○しないで!」ではなく、「○○して欲しいな」と言う。
すべては伝え方次第。声を荒げる前に、
まず子どもの名前を呼んでこちらに集中させてから
落ち着いて、落ち着いた口調で話す。
良いことをしたら、しっかりとたっぷりと褒める。
現実的なお願いをしているかどうか見直してみる。
一日中静かにするのは、ちょっと。。。
でも15分なら静かにできる!など。
思春期の子どもにはお友達との交流を。お友達とのつながりはとても大切ですね。
できるかな〜
つい、言葉が荒くなるのが現実。。。

こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話①

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-1
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」
世界保健機関(WHO)
①子どもと1対1の時間をつくる
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!

今回はひとつめの①子どもと1対1の時間をつくる
を深読みしてみましょう!
子どもと1対1の時間が確保できると、お互いに落ち着いてお話をすることができますね。
兄弟がたくさんいると、なかなか難しいことかもしれませんが、なんとか少しの時間でも確保を。
1対1の時間が子どもにとって愛情を感じる時間であり、自分自身をたいせつな存在だと感じることができるんだそうです。
0〜3歳くらいまでの子どもとの過ごし方
・コップやブロックを積み重ねる
・子どもの表情や音をマネしてみる
・本を読んだり、写真を見せたり
・一緒に歌を歌うと親子共々気持ちいいですね😊
小さい子どもとの過ごし方
・クレヨンで一緒に絵を書いたり
・家事をゲーム感覚で一緒にしたり
・学校の宿題を手伝ってみたり、一緒に解いてみるのもいいですね😊
思春期の子どもとの過ごし方
・一緒にスポーツをする
・一緒に好きな料理を作る
・子どもが好きな話題を話する 意外と流行っているダンスを一緒にやってみるのも楽しいですよ😊シェイプアップにもなりますし😊


コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」ひとつめは、①子どもと1対1の時間をつくるでした。
子どもが満足した時の満面の笑顔には癒されますね😊
親子共々今日も一日よくがんばりました🏅


こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading

【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」 世界保健機関(WHO)
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
世界保健機関(WHO)が発信している内容を基に読み解いてみました。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみよう!
でも、つい怒っちゃうんですよねえ。
「たっぷり褒めて、たっぷり愛して」という感じでしょうか😊
それでは、どんな6か条なのか、みていきましょう!
1)子どもと1対1の時間をつくる
「子どもに何がしたい?」を聞いて、子ども一人一人と向き合う時間を少しでも作ることが大切とされています。
2)肯定的でいましょう
親が前向きに。すべては考え方次第!褒めて褒めて。
3)新しいルーティンをつくる
毎日運動の時間を作ることで、ストレスやありあまった子どもたちのパワーを発散!
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
悪い方向から良い方向への方向転換とは?まずは親がしっかり落ち着いて
5)焦らずにストレスマネジメント
ひとやすみひとやすみ、休憩は大事。楽しいことやリラックスできること、健康的なアクティビティを継続的に。
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す
わからない時には「分からないけれども、多分、、、」と子どもと一緒に考える機会に。コロナウイルス感染症予防のために一生懸命働いてくれている人に感謝の気持ちを持つことを教えてあげましょう。
赤磐市ではフライデーオベーションで感謝の気持ちを表現していますね😊
何それ?聞いたことがないわ!というかたはこちらからどうぞ↓
🎥フライデーオベーション
金曜日の正午に防災無線で放送されています♪
ぜひ、耳を傾けてみてください🦻
頭ではわかってはいても、なかなか出来ないのが現実。。。
今日はちょっと、ひとつやってみましょうか😊
📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。
Continue Reading