「たけのこの家」親子Day マンスリー オープンDayに行ってきました!

IMG_4612

「たけのこの家」親子Dayは会員制の親子クラブです。
気軽に雰囲気を体験できるよう、オープンデイが設けられています。
今回はふぁみりんくるスタッフの御船が参加してきました!

親子で楽しめました♪
IMG_4590IMG_4583IMG_4595IMG_4599
七月末のオープンデイはプールで水遊び&カキ氷のおやつ付きでした。
子どもたちは水遊びが大好き。早速水着になってプールへドボン。楽しそうにはしゃぐ姿がとてもかわいらしいです。
ボランティア体験で参加していた中学生の子たちがカキ氷を作ってくれたり、子どもたちと触れ合ったりしてくれました。
水遊びとおやつが済むと、たけのこの家のデイサービスに通うおじいちゃんおばあちゃん達とのふれあいです。
ここがたけのこの家の特長であり、核家族が増えた現代で三世代交流を通じてすべての世代とのふれあいの橋渡しをしてくれます。
みんなで手遊びや簡単な体操をしていると、私も自然と笑顔になりました。
我が家も核家族で、祖父母にはなかなか定期的に会う時間を作れません。そのせいか、人見知りも手伝いわが子はぎこちなく手遊びなどをしていましたが、何度も通っている子どもたちはとても自然に楽しそうにすごしています。こうした交流や機会の大切さを感じました。
IMG_4625 IMG_4633 IMG_4628 IMG_4620
「お母さんは家族の”おひさま”――お母さんが輝くから家族は明るくなれるんです」(たけのこの家 澤 陽子さん)
日々家事や育児に追われ、気付けば「会話」をしていないなぁ、なんて感じることが世のお母さん方で思い当たる方も多いのではないでしょうか?
”お母さん”の仕事は大変です。さらに現代の核家族化は”孤育て”と言われるような閉塞した育児・家庭環境でお母さんたちの心を曇らせます。
毎日のちょっとした愚痴、子どもの成長、気になるニュースやテレビの話――そんな他愛ない”おしゃべり”はガス抜きになり、気持ちをリフレッシュさせてくれます。
多忙なお母さんがほっと一息つける居場所になれるように、とたけのこの家の親子Dayは設けられています。
また、思い切って公園や児童施設に出かけても、他のお母さんたちはみんな友達連れできていたり、顔なじみ同士で集まっていたりして輪に入れず、外出先でも母子二人きりから抜け出せないまま帰宅した、といったことがないように、たけのこの家では「会員制」という形をとっています。
参加する曜日は決まってはいますが、それに縛られず自由に参加OKで、追加料金も発生しないそうです。
初めて参加するお母さんから顔馴染みのお母さんまで、すべてのお母さんが笑顔でいられるように、とスタッフの方たちは様々な気配りや目配りをしてくださっているのを感じました。
「お母さんが元気がないと、家族みんなが暗くなっちゃう。お母さんってすごく大切だし家族のかなめなんです。だから、お母さんの居場所を作って、お母さんたちが笑顔でいられるお手伝いをすることが子どもたちや家族みんなのサポートにも繋がるんです」
代表を務める澤さんの言葉にパワーを頂きました。

親子Dayへの加入を検討されている方、また雰囲気を体験したい方は、まずは無料体験に参加してみませんか?
IMG_4610
たけのこの家 親子Day 概要
1.内容
親子でたけのこの家に遊びに来て、専属スタッフのコーディネートのもと、お年寄りを始め、大勢の大人とふれあうなかで子どもたちが成長していきます。
親子の安らぎの居場所になっています。
2.利用される方  概ね3歳以下のお子さんとそのお母さん
3.利用日時    火曜・水曜・金曜9:30~11:50
4.月会費     1家族で500円(入会金は、ありません。)
(おやつ代を含みます)
※年間行事のクリスマス会・誕生日会は無料
問い合わせ先
〒709-0721赤磐市桜が丘東4-4-467
NPO法人 元気交流クラブ たけのこの家
℡086-995-9678 (担当 澤 陽子)
facebook_icon「たけのこの家 親子デー」のフェイスブックも随時情報が更新されています
こちらをクリック!(別ウィンドウでリンクが開きます)

次の記事もどうぞ