【お役立ち情報】親が心がけるべき「6カ条」のお話①

Oyakudachiboy
新型コロナウイルス関連の子育て世代に耳寄りな情報集Vol.1-1
コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」
世界保健機関(WHO)
①子どもと1対1の時間をつくる
親だけでなく子どもたちも疲れているコロナ禍。
この状況を親としてどう対応すれば良いかのヒントに。
いきなり全部は難しいけれど、
今日からひとつずつやってみましょう!

今回はひとつめの①子どもと1対1の時間をつくる
を深読みしてみましょう!
子どもと1対1の時間が確保できると、お互いに落ち着いてお話をすることができますね。
兄弟がたくさんいると、なかなか難しいことかもしれませんが、なんとか少しの時間でも確保を。
1対1の時間が子どもにとって愛情を感じる時間であり、自分自身をたいせつな存在だと感じることができるんだそうです。
0〜3歳くらいまでの子どもとの過ごし方
・コップやブロックを積み重ねる
・子どもの表情や音をマネしてみる
・本を読んだり、写真を見せたり
・一緒に歌を歌うと親子共々気持ちいいですね😊
小さい子どもとの過ごし方
・クレヨンで一緒に絵を書いたり
・家事をゲーム感覚で一緒にしたり
・学校の宿題を手伝ってみたり、一緒に解いてみるのもいいですね😊
思春期の子どもとの過ごし方
・一緒にスポーツをする
・一緒に好きな料理を作る
・子どもが好きな話題を話する 意外と流行っているダンスを一緒にやってみるのも楽しいですよ😊シェイプアップにもなりますし😊


コロナ禍で親が心掛けるべき「6か条」ひとつめは、①子どもと1対1の時間をつくるでした。
子どもが満足した時の満面の笑顔には癒されますね😊
親子共々今日も一日よくがんばりました🏅


こんなことやってますよー✋と言うアイデアも
随時受け付けておりますので、ぜひみなさんのgood idea!お待ちしています😊

みんなで守ろう赤磐キッズ✊子どもは赤磐の宝物✨✨

その他の6カ条リンクへ
1)子どもと1対1の時間をつくる
2)肯定的でいましょう
3)新しいルーティンをつくる
4)子どもが「悪い子」になった時には、一度止まって深呼吸
5)焦らずにストレスマネジメント
6)新型コロナウイルス感染症について、正確な情報を話す

📲新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。
こちらを参照させていただきました。

次の記事もどうぞ