食べ物を味方にしよう!

859712

食べ物を上手に生活に取り入れることで、体調を崩しやすい冬場の健康維持に役立てましょう。

ショウガ
発汗・解熱作用に優れていて、風邪の引き初めに効果的。体を温める効果も抜群で、咳・のどの痛みなども軽減してくれます。また、殺菌作用もあるので、ウイルス撃退にもおススメです。
ネギ
ネギには硫化アリルという物質が含まれ、血行を促進して発汗を促す作用があります。汗が出ることで熱を下げる働きもあり、ビタミンCも豊富で発熱時にはぜひ摂るようにしたいですね。
葛(クズ)
葛の根はカッコンといい、体を温める効果が高く、血行を促進するので、風邪の引き初めや頭痛などにも有効です。昔から「くず湯」などでも親しまれています。
レンコン
レンコンは口やのどの渇きを潤して胃腸の働きを活発にします。生のレンコンのしぼり汁には、気管支の炎症を鎮める効果があるので、咳が止まらない時やのどが痛い時にオススメ!
ナシ
梨には咳を鎮め、熱を下げる効果があります。水分が多いので、のどを潤すのに役立ちます。また、梨に含まれるソルビトールという甘味成分は冷涼感を生じさせるうえ、のどの炎症を抑える効果もあります。
ダイコン
大根には肺の熱を抑える効果があるため、咳やタンを改善するのに有効です。大根に含まれるジアスターゼという消化酵素には消炎作用があり、のどの粘膜に作用して痛みを和らげてくれます。

今回の記事はファーマシー蒼樹薬局さん(赤磐市桜が丘西2-1-12)の「くすり屋さんの定期便」を参考にしました。
Continue Reading

赤磐市立赤坂ひまわりこども園

IMG_5092
赤磐市立赤坂ひまわりこども園
IMG_5092
所在地 赤磐市町苅田518番地
TEL 086-957-2004
FAX 086-957-2014
募集 赤磐市全域
定員 100人
赤坂地域の保育所型認定こども園
赤坂ひまわりこども園は旧赤坂町の地域にある認定こども園ですが、受け入れエリアは赤磐市全域です。
旧赤坂町地域の石相・軽部・笹岡の3保育園に在園した園児以外にも、赤磐市内各地域の子ども達が通っています。
ふぁみりんくるスタッフが取材に訪れた日も、子どもたちは居住エリアや出身園、保育園部・幼稚園部の区別なくみんなで元気いっぱいに園生活を楽しんでいました。
また、在園中に家庭や職場の事情による保育園部から幼稚園部またはその逆の転籍も可能です。子どもにとって慣れた環境や親しいお友達と離れることなく保育園・幼稚園間の転籍ができるのはこども園ならではの特長です。
定員数は100名(保育園部90名・幼稚園部10名)です。定員の空きなどについては赤坂ひまわりこども園までお問い合わせください。

施設案内
平成29年10月に開園したばかりで、園舎や遊具も新しく、特に園舎は随所に工夫や配慮が行き届いた作りになっています。
遊戯室兼ランチルーム IMG_5046
天井が高く明るい遊戯室兼ランチルーム。赤坂ひまわりこども園は給食室が併設された自園給食です。
ふたば組(0.1歳児) IMG_5053
ねんね・はいはいの年齢が中心なので、冬場は床暖房が入ります。
よつば組(2歳児) IMG_5055
ピアノで子どもたちは大好きなリズム遊びを楽しんでいます。
つぼみ組(3歳児) IMG_5063
ふたば・よつば・つぼみの各クラスは教室からトイレへの動線がスムーズに設計されているので、トレーニング期の子どもにも安心です。
ひまわり組(4歳児) IMG_5064
おひさま組(5歳児) IMG_5066
病児保育室 IMG_5067 IMG_5068
保育時間中に体調を崩した園児の部屋です。保護者が迎えにくるまで一時的に休む部屋です。専用の出入り口があるので、感染性の病気のまん延を防ぎます。
屋外シャワー IMG_5069
夏場は園庭にプールが設置されます。
園庭 IMG_5070 IMG_5071
広々とした園庭に、四季折々の自然が感じられる山の景色。園で見つけた昆虫の観察も子どもたちは熱心にしています。

地域交流もさかんです
IMG_5058 IMG_5072 IMG_5073
季節の植物や作物を地域の方々が届けてくれます。また、石相・軽部・笹岡の小学校、隣接した赤坂中学校との交流もあります。
くるー(編集委員)よりひと言
子どもたちの成長や生活を考えて作られた施設です。先生方や地域の方々に見守られて、どの園児もそれぞれのペースで園生活を楽しんでいました。
IMG_5090
Continue Reading

赤磐市子ども・障がい者相談支援センター

counselor

子ども・障がい者相談支援センター
セリフ付

子育てのちょっとした不安や悩み、また障がいに関する相談が気軽にできる
「子ども・障がい者相談支援センター」が平成29年4月より開設しました!

◎子ども・障がい者相談支援センターとは?
子どもや子育てに関する相談窓口(子育て世代包括支援センター)と、障がいに関する相談窓口(障害者基幹相談支援センター)をまとめた相談窓口です。
◎何をしてくれるの?
  • 子育てに関するちょっとした不安や悩みの相談
  • 子育て支援関係施設の紹介
  • 障がい相談
  • 障がい者の困りごと相談
  • 福祉サービスの相談、紹介
  • 福祉サービス事業所の紹介
  •                 など
    ★障がいのあるなしに関わらず、ちょっとした子育ての悩み、障がいに関するさまざまな相談に応じます。
    ◎どんな人が相談にいけるの?
  • 妊娠中の人
  • 18歳までの子どもと子育て家庭の人
  • 障がいのある人とその家族
  • ◎お問い合わせ先
    子ども・障がい者相談支援センター
     (赤磐市役所 社会福祉事務所内)
    TEL:086-955-0555
    FAX:086-955-1118
    メール:ks_soudan@city.akaiwa.lg.jp
    相談時間(8時30分~17時15分)※年末年始・土日祝は除く
    map
    Continue Reading

    「たけのこの家」親子Day マンスリー オープンDayに行ってきました!

    IMG_4612

    「たけのこの家」親子Dayは会員制の親子クラブです。
    気軽に雰囲気を体験できるよう、オープンデイが設けられています。
    今回はふぁみりんくるスタッフの御船が参加してきました!

    親子で楽しめました♪
    IMG_4590IMG_4583IMG_4595IMG_4599
    七月末のオープンデイはプールで水遊び&カキ氷のおやつ付きでした。
    子どもたちは水遊びが大好き。早速水着になってプールへドボン。楽しそうにはしゃぐ姿がとてもかわいらしいです。
    ボランティア体験で参加していた中学生の子たちがカキ氷を作ってくれたり、子どもたちと触れ合ったりしてくれました。
    水遊びとおやつが済むと、たけのこの家のデイサービスに通うおじいちゃんおばあちゃん達とのふれあいです。
    ここがたけのこの家の特長であり、核家族が増えた現代で三世代交流を通じてすべての世代とのふれあいの橋渡しをしてくれます。
    みんなで手遊びや簡単な体操をしていると、私も自然と笑顔になりました。
    我が家も核家族で、祖父母にはなかなか定期的に会う時間を作れません。そのせいか、人見知りも手伝いわが子はぎこちなく手遊びなどをしていましたが、何度も通っている子どもたちはとても自然に楽しそうにすごしています。こうした交流や機会の大切さを感じました。
    IMG_4625 IMG_4633 IMG_4628 IMG_4620
    「お母さんは家族の”おひさま”――お母さんが輝くから家族は明るくなれるんです」(たけのこの家 澤 陽子さん)
    日々家事や育児に追われ、気付けば「会話」をしていないなぁ、なんて感じることが世のお母さん方で思い当たる方も多いのではないでしょうか?
    ”お母さん”の仕事は大変です。さらに現代の核家族化は”孤育て”と言われるような閉塞した育児・家庭環境でお母さんたちの心を曇らせます。
    毎日のちょっとした愚痴、子どもの成長、気になるニュースやテレビの話――そんな他愛ない”おしゃべり”はガス抜きになり、気持ちをリフレッシュさせてくれます。
    多忙なお母さんがほっと一息つける居場所になれるように、とたけのこの家の親子Dayは設けられています。
    また、思い切って公園や児童施設に出かけても、他のお母さんたちはみんな友達連れできていたり、顔なじみ同士で集まっていたりして輪に入れず、外出先でも母子二人きりから抜け出せないまま帰宅した、といったことがないように、たけのこの家では「会員制」という形をとっています。
    参加する曜日は決まってはいますが、それに縛られず自由に参加OKで、追加料金も発生しないそうです。
    初めて参加するお母さんから顔馴染みのお母さんまで、すべてのお母さんが笑顔でいられるように、とスタッフの方たちは様々な気配りや目配りをしてくださっているのを感じました。
    「お母さんが元気がないと、家族みんなが暗くなっちゃう。お母さんってすごく大切だし家族のかなめなんです。だから、お母さんの居場所を作って、お母さんたちが笑顔でいられるお手伝いをすることが子どもたちや家族みんなのサポートにも繋がるんです」
    代表を務める澤さんの言葉にパワーを頂きました。

    親子Dayへの加入を検討されている方、また雰囲気を体験したい方は、まずは無料体験に参加してみませんか?
    IMG_4610
    たけのこの家 親子Day 概要
    1.内容
    親子でたけのこの家に遊びに来て、専属スタッフのコーディネートのもと、お年寄りを始め、大勢の大人とふれあうなかで子どもたちが成長していきます。
    親子の安らぎの居場所になっています。
    2.利用される方  概ね3歳以下のお子さんとそのお母さん
    3.利用日時    火曜・水曜・金曜9:30~11:50
    4.月会費     1家族で500円(入会金は、ありません。)
    (おやつ代を含みます)
    ※年間行事のクリスマス会・誕生日会は無料
    問い合わせ先
    〒709-0721赤磐市桜が丘東4-4-467
    NPO法人 元気交流クラブ たけのこの家
    ℡086-995-9678 (担当 澤 陽子)
    facebook_icon「たけのこの家 親子デー」のフェイスブックも随時情報が更新されています
    こちらをクリック!(別ウィンドウでリンクが開きます)
    Continue Reading

    さくらが丘子育て支援センター

    160418_o_1
    名称 さくらが丘子育て支援センター
    所在地 赤磐市桜が丘東6-6-704(さくらが丘保育園内)
    TEL 086-995-0104(問い合わせ)
    086-958-5509(平日9~16時:育児相談専用ダイヤル)
    駐車場 14台程度
    URL http://sakuragaokakosodate.okayamakodomokyoukai.com/
    開館時間 月~土曜日 9~14時
    休館日 日・祝日
    160418_o_2 160418_o_3 DSCN5015
    くるーより一言
    ・場所が小高い丘の上にあるのが新鮮で覚えやすい。
    ・保育園内ということもあり、施設も充実しており、さらに優しい支援センターの職員の方がおられ、名前をすぐに覚えてくれ、いつでも我が子を見ていただけたり、何でも相談できるので、子連れで遊びに行くところとしては抜群の安心感がある。
    ・あかちゃんデーでは、お母さん同士自然と会話が弾んだり、赤ちゃん通しのふれあいも自然とできるので、家であかちゃんと1対1で過ごすよりも、親子ともに世界が広がる感じがする。
    ・保護者向けの離乳食の試食も、初期・中期・後期と同じ食材が使われているものを実際に見て、口にできるので、赤ちゃんのものだけでなく、家での献立や食事作りにとても役立つ。
    ・保育園の園児も大勢いるので、遊んでいると園児たちが話しかけてきたり、園庭で走ったり遊んだりする姿も見られ、我が子も少しおにいちゃんおねえちゃんの園児たちと一緒になって三輪車に乗ったり砂場で遊んだりできるのも、魅力のひとつだと思う。(行った日はあいにくとても寒い日で、外で遊びませんでしたが;)

    おむつかえスペース 本館:専用ベッドあり はじめの一歩館:特になし(プレイルームにて可能
    授乳スペース 本館:あり(相談室を利用)
    はじめの一歩館:特になし(プレイルームにて可能)
    トイレ 本館:子ども用2つ(洋式)、男の子おしっこ用1つ、大人用1つ はじめの一歩館:子ども用2つ(洋式)、大人用1つ
    主な遊具 【屋内】絵本多数、赤ちゃん用おもちゃ多数(木製・布製・手作り品・音が鳴るものなど)/やわらかいマットの平均台やトンネル/おままごとセット/積み木/ブロック/電車・レールセットなど
    【屋外】滑り台、ブランコ、砂場、三輪車、手押し車、タイヤ飛び、鉄棒、ロック・クライミング、ジャングルジムなど
    イベント(内容) オープンデー(月~土 9~14時)
    マタニティママ・あかちゃんデー:妊婦さんと生後1歳半までの赤ちゃんとその保護者向け(月・木曜日)
    だいたい月曜日は、保育園内で実際に出されている離乳食の保護者向けの試食あり。
    その他、多数イベント企画※あり
    ※あおぞらデー/お出かけ保育:赤磐市内の公園などで遊ぶ。現地集合・現地解散。
    おひさま図書館:中央図書館の職員による読み聞かせとお楽しみ
    こぐま文庫:地域のボランティアによる読み聞かせとお楽しみ
    子育て講座/プチ講座:子育てに役立つ講演、体験(保護者向けストレッチ/親子クッキング/離乳食体験/季節の行事を楽しむ工作/夏場の水遊び)など
    保健師さんの育児相談:2か月に1回。個別相談の時間もあり。
    その他 ・あすなろ子育て支援センターとともに子育て情報誌「支援センターだより てくてく通信」を年11回発行。各イベントのスケジュールや、支援センター職員の子育てエピソード、お知らせなどを掲載。
    ・生後0ヶ月~1歳半までの各生まれ月の赤ちゃんの育児情報を載せた通信を発行。希望者には郵送可能(切手を添えて申し込み要)。
    ・子ども、保護者向けに図書の貸し出しが可能(一人3冊まで、2週間貸し出し)。
    ・センター職員の方による出張保育やサークル活動・幼児クラブ活動などのお手伝い依頼可能。
    ・保育用品の貸し出し可能(詳細はHP)。
    ・うさぎ、カメ、季節によりコオロギやサワガニなどを園内や支援センター内で飼育しており、生き物とも触れ合える。
    ・はじめの一歩館にあるキッチン設備を、幼児クラブ活動などで申請利用可能。
    ・HP上のフォームから育児相談できる。(支援センターに関する問い合わせなどは、電話対応のみ)
    Continue Reading

    母子健康手帳アプリのお知らせ

    oyako

    6月1日から、母子健康手帳の内容を電子化したアプリの配信を始めました。
    市が配布している母子健康手帳と併せて、このアプリを利用することで、市からのお知らせや妊娠・子育てに役立つ情報が届きます。
    さらに妊娠中の健康状態や子どもの成長過程を写真などと一緒に、手軽に記録できるようになります。
    ぜひご活用ください。
    詳しくは市ホームページをご覧ください。(pdfファイルが開きます)

    問い合わせ先
    本庁健康増進課
    Continue Reading

    子育て支援センターチャルラルの開設日変更のお知らせ

    youchien_sanpo

    子育て支援センターチャルラルの開設日が、平成29年4月から変更になります。

    チャルラルの開設日
    ◆平成29年3月末日まで…月・火・木・金曜日
     時間 10:00~15:00
    ◆平成29年4月1日から…月~土曜日
     時間 月・火・金曜日…10:00~15:00
         水・木・土曜日…9:00~14:00
    ※水曜日のチャルラルはしょうがいを持つ子どもと保護者の日「ぴゅあそうる」です
    Continue Reading

    放課後児童クラブのご案内

    放課後児童クラブ
    昼間、仕事などにより昼間に保護者がいない小学校就学児童を預かり、放課後の居場所を提供しています。
    さまざまな学年の友達や指導員と一緒に遊びを通じて充実した放課後を過ごしています。
     子どもたちの安全で楽しい放課後のため、また、保護者が安心して就労するため放課後児童クラブをご活用ください。
    開設時間、休日、利用料などは各クラブによって異なります。
    詳しくは各クラブにお問い合わせください。

    クラブ名 問い合わせ先 備考
    サンサンキッズ
    山陽西小学校内(955-4233) 入所説明会…2月3日(金)
    山陽いろは児童センター 山陽いろは保育園内(955-0355)
    こくぶんじのびのびクラブ 山陽国分寺保育園向かい(086-229-2727)
    さんこう児童クラブ さんこう保育園内(955-3517)
    アンドロメダクラブ・スバルクラブ・カシオペアクラブ あすなろ保育園内(955-5665) 入所説明会…2月3日(金)
    いろは児童センター 清風いろは保育園内(955-3131)
    桜が丘児童センター 桜が丘地域保育センター内(955-5161)
    新こめっこクラブ 石相小学校内(957-9233) 入所説明会…2月中旬
    (石相・軽部・笹岡小学校に就学の児童が対象)
    とよたキッズクラブ 豊田小学校内(995-9978) 入所説明内…2月10日(金)
    いわっ子クラブ 磐梨小学校内(995-3313) 入所説明会…2月3日(金)
    くまっこクラブ 桜が丘小学校内(995-2474) 入所説明会…2月10日(金)
    たいようクラブ・ぎんがクラブ さくらが丘保育園内(995-0104) 入所説明会…2月14日(火)
    城南ふれあいクラブ 吉井子育て支援センター内(954-0721)
    または、周匝保育園(954-1133)
    仁美ふれあいクラブ 仁美保育園内(958-2255)
    Continue Reading

    みなさんからの質問に答えます!【児童手当編】

    赤磐市役所に児童手当のことで「よくあるお問い合わせ」を聞きました

    Q:転入するのですが、児童手当の手続きで必要なものはありますか。
    A:印鑑・請求者本人の健康保険証の写し又は年金加入証明書(国民年金加入の人は不要)・請求者本人の金融機関の口座番号がわかるもの・個人番号がわかるもの・運転免許証等の本人確認のできるものが必要です。その他、所得課税証明等が必要な場合があります。

    Q:手続きはいつまでにするべきですか。
    A:児童手当は受給資格があっても申請がなければ支給されません。引越しや出産により児童手当の手続きをするときは、転出予定日や出生日から15日以内に手続きしてください。手続きが遅れた場合、手当が支給されない月が発生することがあります。

    Q:児童手当の支給日はいつですか。
    A:赤磐市の支払い日は2月・6月・10月の10日払いとなります。10日が土・日・祝日の場合は、10日より前の平日になります。
    ふぁみりんくる内の児童手当のページへ
    児童手当についてのお問い合わせ先
    赤磐市役所本庁 子育て支援課 08-955-2635
    Continue Reading

    みなさんからの質問に答えます!【保育園編】

    赤磐市役所へ「よくあるお問い合わせ」 保育園編

    Q:入園するために必要な手続きを教えてください。
    A:市役所子育て支援課・各保育園・各支所健康福祉課に「赤磐市施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書」と「就労証明書」または「理由書」等を提出します。
    後日、赤磐市より「支給認定証」が交付されます。
    交付された「支給認定証」の写しと「利用希望施設(継続)入所(園)申込書」を入所希望の保育所または市役所子育て支援課に提出します。
    平成30年度4月入所からは「支給認定申請書兼施設利用申込書」と「就労証明書」または「理由書」等を入所希望の施設へ提出してください。
    なお、赤磐市への転入日により市町村民税の課税証明書が必要な場合がありますのでご注意ください。入所が決定したら、赤磐市から「入所承諾書」が交付されます。
    Q:保育料はどうやって算定されるのですか。
    A:保育料は児童の年齢(年度当初現在)と保育時間区分、保護者(配偶者、家計の主宰者等含む)の市町村民税の課税額により算出されます。
    (16階層に分類され、0円~27,700円(3歳以上)、0円~45,700円(3歳未満)までとなります。)
    H29年保育料一覧表 PDF
    Q:保育料の減免制度はありますか。
    A:児童の年齢、人数、保護者(配偶者、家計の主宰者含む)の市町村民税の課税額、世帯の状況(ひとり親世帯、障がい児または者のいる世帯)等により減免を受けることができる場合がありますので、市役所子育て支援課へご相談ください。
    保育料減免制度について(H29.11.27更新) PDF
    Q:3歳の誕生日を迎え、3号認定から2号認定になりましたが、保育料は変わりますか。
    A:年度当初(4月1日)現在の年齢により、保育料の算定を行うので保育料は変わりません。
    Q:4月と9月に保育料決定通知が届きましたが、どうしてですか。
    A:保育料の決定時期は、4月と9月になります。4月から8月までの保育料は「前年度の市町村民税の課税額」、9月から3月分の保育料は「今年度の市町村民税の課税額」より算定します。
    保育園についてのお問い合わせ先
    赤磐市役所本庁 子育て支援課 086-955-2635
    Continue Reading