運動会におすすめの一冊

みなさんは運動会でどんな思い出がありますか?
運動会の絵本を集めました!

さかさことばでうんどうかい 西村敏夫 作 福音館書店
いろいろな動物が運動会をする様子がインパクト大のイラストで描かれていて、
「たっくる くった いたいよ いたい」
「きめわざきまり とりまきざわめき」
など、そのシーンに合った「さかさ言葉」が大きな字で書かれています。
「ほんまじゃ!さかさまでも同じ言葉じゃ~」と親子で楽しみながら読むことができます。
5才くらいのときに初めて読み聞かせて、「ふとんがふっとんだ」などダジャレを一人言っては喜んでいる8歳前の長男は、今だにこの本が好きです。
あしたはうれしいうんどうかい
いなつぐ かつら:作  むかい ながまさ:絵 出版社:金の星社
運動会の前に読みたくなる絵本です。
願いを込めて、きれいに洗ってもらったくつが夜、走る練習に・・・そして当日1等賞になるお話。
5歳の時、「ぼくもくつを洗って速く走れるようにお願いしてみるっ!」と言ったので、かわいらしく思いました。
わくわくと不安でいっぱいの運動会がとっても楽しく待ちどうしくなりました。
保育園、幼稚園の時期におすすめです。

次の記事もどうぞ