どうぶつに会いたくなる絵本 特集!

hazuki

小さな子から大人まで癒される絵本の特集です!
編集部のおすすめ絵本をお子さんとどうぞ。

どうぶつ  え:多田ヒロシ  文化出版社
文はなく絵だけの絵本。
なのに、語りかけるような動物たちの表情。
アドリブでセリフを入れては、子どもに読み聞かせをしていました。
はみ出さないできれいに書いてるね、と3歳の子のコメント。
どうやって書いたのかなー、と時々開いてみてしまう、魅力的な絵本です。
0歳からずっと。
どうぶつ家族 岩合光昭  株式会社クレヴィス発行
絵本ではないのですが、癒される本を紹介します。
 有名写真家の岩合さんが、どうぶつ家族に会いに行っています。
 お母さん、お父さんに寄り添う動物たちの顔はとっても幸せそう。
 ハグするカンガルーの姿、ライオンの親子が寝そべる姿。
 どれもこれも、岩合さんにしか撮れないのでは?と感じるくらいの迫力と愛情にあふれています。
 どうぶつたちの背後に広がる雄大な景色にも癒されます。
 子どもと一緒に見て感動を分かち合いましょう。
ニッポンの犬 著:岩合 光昭 、 岩合 日出子 新潮文庫
我が子が1歳を迎えるころ、よくこの本を見せて
「わんわんいるね。かわいいね。」
と話していました。
小さい子は、わんわん好きですよね。(笑)
文庫なので手頃なのも嬉しいですね。
しばわんこの和のこころ 作・絵: 川浦 良枝  出版社:白泉社
   
大人も子どもも楽しみながら和のこころ(おもてなしのこころや作法)を学べる良本です。
   しばわんこが可愛い!礼儀正しい!
 癒されます、笑えます、親子ともども和みます。
 和菓子とお茶を用意して、ほんわか読みましょう。

次の記事もどうぞ