【ほっとBOOK】小さい子どもにおすすめの本

BOOKアイコン

「もこ もこもこ」や「ギラギラ」の音を親子で楽しめる!
子どもが小さい時に読んであげたいおすすめ本がこちら!

もこ もこもこ 
さく:たにかわしゅんたろう、え:もとなが さだまさ、出版社:文研出版

なんだこの本?
と思ったのは私だけではないはず。
初めてこの本を読んだ人はきっと、そう感じてしまうような、ふしぎな本です。
図書館で初めて借りたときはボロボロになっていてたくさんの人に読まれたんだなあ、
というのはわかったけど「なんで?」と思ったのが正直な感想でした。
その後、おすすめ本の紹介コーナーなどにもあり「ほんとに?」と疑心暗鬼なまま子どもに読み聞かせてみると、
本当にその後何度も読むことになりました。
擬態語の「もこ」やら「ぎらぎら」が文章のすべてで、耳に心地よく、
言葉についてくるふしぎな絵も子どもたちにはなんとも魅力的。
読み終わると「もういっかい!」と。
子どもが喜んでいるとわかると、読むたびにニュアンスを変えて「もこ もこもこ」と、
読むほうも楽しくなってます(笑)
まったく新しいジャンルの世界です。
ぜひ子どもさんが小さいうちに読んでみてください。

【おすすめママ】
ふぁみりんくる 陽子
我が家では0歳から4歳くらいまで。

次の記事もどうぞ