インフルエンザ注意報 発令中!

12月1日、岡山県は『インフルエンザ注意報(流行シーズン入り)』を発令しました。

  手洗いを励行し、人混みではマスクを着用する、十分な睡眠をとるなど、感染予防に努めてください。
また、感染した時は、咳エチケットを守るなど、他の人にうつさないよう気をつけ、体調の悪い時は、早めに医療機関を受診してください。

インフルエンザの予防
家に帰ったら、手洗いをしましょう。
人混みに入る場合にはマスクを着用しましょう。
特に高齢者や慢性疾患を持っている人などは、人混みを避けましょう。
十分な睡眠、バランスの良い食事などに気を付けて、抵抗力をつけましょう。
室内では加湿器を使うなど適度な湿度を保ちましょう。
予防接種を受けることをご検討ください。
かかったかな?という時は
早めに医療機関を受診しましょう。
必ずマスクを着用して受診しましょう。
周りの人にうつさないように「咳エチケット」を心がけましょう。
水分を十分とり、安静にして休養をとりましょう。
家庭に残っている解熱剤は勝手に使用しないで、医師に相談してください。
咳エチケット
咳・くしゃみが出たら、他人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れましょう。咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

(岡山県 インフルエンザ感染予防パンフレットより)

次の記事もどうぞ